Vol.6 今週の1曲

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 03:28

お久しぶりです。

 

色々バタバタしておりなかなか更新が出来ませんでした。

 

今回はスタジオホームページで掲載している<今週の1曲>コーナーの楽曲についてお話したいと思います。

 

今回はクリスマスシーズンという事で、僕の大好きなクリスマスソングの1曲で<Have Yourself A Merry Little Chrismas>というスタンダードナンバーを選びました。

 

過去様々なアーティストが歌っており、そのいずれも素晴らしいので聞き比べて頂きたいと思います。

 

今回は、今AppleのCMソングに起用されているイギリス出身の男性ボーカリスト〔Sam Smith〕のバージョンを選びました。

 

やはり彼は声に色気と、哀愁と優しさがある素晴らしい男性ボーカリストだと思います。

 

こんなに歌声で物語を表現できる歌手は、過去現在を含めて非常に少ないと思いますし、僕自身は男性ボーカリストに限れば現在世界ナンバー1だと思います。

 

このクリスマスソングが世界的に有名になったのは、ミュージカル映画『Meet Me in St. Louis / 若草の頃』でジュディ・ガーランドが歌った事でした。

 

内容は『さぁ一緒にささやかなクリスマスを祝いましょう。あなたの苦しみは遠くへ行ってしまうから…。』という「クリスマスというキリスト教徒の神聖な日にどんな身分や地位に差がある人々も、この日を祝う事で苦しみから救われますよ。」という意味だと僕は解釈しています。

まぁ実際はキリスト教徒の方に聞くのが良いと思いますが…。汗

 

でもこの曲を聴くと不思議と、悩みが消えていくように感じますが皆さんはいかがでしょうか?

 

ではSam Smithバージョンと、世界的サックス奏者の<ケニーG>バージョンの2つの映像を御覧下さい。

ちなみにケニーGバージョンのミュージックビデオの劇中映像に、この楽曲のオリジナルが収録されているミュージカル映画『Meet Me in St. Louis / 若草の頃』のシーンが幾つか出ておりますのでそちらも御覧下さい。

 

〔Sam Smithバージョン〕

 

〔ケニーGバージョン〕

 

皆様に<Have Yourself A Merry Little Chrismas(あなたに素敵なクリスマスを)>が訪れますよう。

 

また書きます。

 

 

《スタジオHP》

https://www.body-a-dance.com/

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM