今週の1曲

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 13:53

 

こんにちは。

 

秋を通り越して冬になったかのような気候ですね。

 

体調はいかがでしょうか?

 

 

今回はスタジオホームページに掲載している「今週の1曲」について少しお話させていただきます。

 

今回は皆さんご存知の〔Michael Jackson〕の代表作の一つ『Beat It』です。

 

この曲を初めて聴いたのはダンスを始める(僕はダンスを中学2年生から始めました)前に、家で聴いたときでした。

 

その時は「なんか外国の曲が流れているなぁ」という感想でしたが、何故かずっとメロディが耳に残っていたのは覚えています。

 

この曲は「ロック」と「ポップ」が見事に融合していて、誰が聴いてもカッコいいと思えるメロディと、リズム、ビートが凄いのと、それでいて実はシンプルな構成なので、一度聴いたら忘れられないのが「さすがマイケル!」と思う部分です。

 

もちろんこの曲を更に世界的にヒットさせたのはミュージックビデオであるのは皆さんご承知の通りです。

 

ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』をモチーフにした内容で、ギャング同士の抗争というハードな内容にダンスを入れている演出で、ストーリの中でギャングのボス同士の決闘の中に何故か急に割って入るマイケルがダンスでみんなを一つに纏める姿はもはや『神!?』と画面の前でひれ伏してしまうほどオーラがあります。曲の冒頭あたりでギャングの何人かがマンホールのふたを開けて出てきた時は「!!!」と驚きましたが、これは同アルバム「スリラー」のミュージックビデオ内にある演出をパロディしたものです。

 

「Beat It」は『逃げろ!』『ずらかれ!』という意味ですが、歌の内容を簡単に言えば『無益な暴力は止めろ!』という非暴力を謳った歌です。

 

マイケルジャクソンは僕にとって無くてはならない存在で、書き出すと長々となってしまうのでここで止めておきます嬉しい

 

ではミュージックビデオを御覧下さい。

 

 

う〜んカッコいい!

 

また何か書きます。

 

 

 

ではまたパー

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM